スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.09.20 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    52席の至福

    0

      2月の休日、秩父に行ってまいりました。

       

      午前9時30分池袋発のレッドアロー号に乗ると、11時前には西武秩父駅に到着します。

      早速向かったのは、秩父名物「わらじカツ」を食べさせてくれる「安田屋秩父店」。

      雰囲気出てる。

       

       

      店の前についたのは11時過ぎ、我々が一番乗り。お店が開くのは11時半なので、少しぶらぶらしてこようかなと思ってるうちに、どんどんと我々の後ろに人が並び始め、あっという間に大行列。噂通りの人気店のよう。

       

      お店は11時半ぴったりに開きました。頼んだのは、もちろんわらじカツ丼。カツは、1枚か2枚か選べます。

      わらじだけに2枚にしようかと思いましたが、この後も食い倒れの予定が詰まってるので、片足1枚の方に。

      しかし、目の前に届いたわらじカツ、想像よりもさらに大きくて、1枚にして正解でした。

      お箸で持ち上げるのも大変そうな大きさ、なので、女性のお客さんにはカツを切って出してくださいます。院長のは、切らずに出てきました。すごい迫力。


        
       

      次は、秩父鉄道に乗って、御花畑駅から長瀞駅まで向かいます。

      実は、秩父鉄道に乗るのは初めて。レトロな感じがいい。

      ただし、本数は少ないので、駅横の売店で売ってた秩父名物「味噌ポテト」をおやつにしばし待ちます。

       

       

      長瀞に着いたら、まずは鮎料理のお店「松ばや」さんへ。院長は、鮎が大好物なのです。

      「松ばや」さんは、駅から岩畳に向かう土産物通り沿いにあります。

       

      珍しいカジカの唐揚げや子持ち鮎の塩焼き。


       

      そして、鮎飯。一人分ずつお釜で炊いてくださいます。内臓を取って炊いてあるので、とてもお上品な味。



      食べた後は、長瀞の名所、岩畳へ。たそがれる院長。ちょうどライン下りの船も到着。

       

      おやつには、長瀞駅近くの「阿佐美冷蔵」へ。ここはずっと来たかったお店です。

      天然氷のかき氷が頂けるお店なのです。

      真冬というのに、お店の前は結構な行列。10分ほど待って、店内へ。とてもおしゃれで意外と広い。

      院長は、プリンのかき氷、小豆プリン付き。蜜はプリン味、さらにキャラメルシロップも付いてきて、なんだかお祭り状態。

      私は、ミルクスペシャル。蜜はイチゴミルクとメロンミルクがWで。こちらも祭りです。

       

      さて、長瀞を楽しんだ後は、秩父鉄道で、秩父に戻ります。

      長瀞駅で、偶然、幸せの黄色い機関車「ELロウバイ号」に出会えました。

      超ラッキー!!

      どんどん「鉄子」になっていく私。



      秩父駅から西武秩父駅までの道のりは、見どころがいっぱいのちょうどよい散歩コースです。

      夜祭で有名な秩父神社や、昭和レトロな雰囲気の買継商通りや黒門通りなど。

      また、秩父はおしゃれなカフェが多い町。

      のんびり歩いて、お茶を飲んでいると、あっという間に日が暮れてきました。

       

      さあ、本日のメインイベント、「52席の至福」に乗車するために、西武秩父駅のホームへ。

       

      「52席の至福」とは、西武電鉄が誇る観光列車で、池袋〜西武秩父間を休日にのみ運行している「走るレストラン」です。

      季節ごとに有名シェフの監修するメニューを頂きながら、列車の旅が楽しめる、という趣向です。

      池袋発はランチコース、西武秩父発はディナーコースを頂けます。

       

      たった4両編成、そのうち2両は食堂車、1両がキッチン車、残り1両はイベントスペースになっています。

      綺麗に彩色された外装、そして内装は、あの東京オリンピックの競技場を造る建築家、隈研吾氏が手掛けていらっしゃいます。


        
       

      私たちは、ディナーコースに乗車。今シーズンのディナーは、あのフレンチの鉄人、坂井シェフによるもの。

      料理のお供は、秩父の名酒「イチローズモルト」です。グラスの下のコースターはラバー製で、最後に乗車記念としてプレゼントしてくださいました。

       

       

      お料理は、海の幸・山の幸を取り混ぜた全6品。とても電車の中とは思えないクォリティ!

      熱いものは熱く、冷たいものは冷たく供されて、本当においしかったです。


        

         

      また、各駅では駅員さんがホームで手を振って見送ってくださり、車内では東京芸大のお二人のサックスの生演奏と、乗客を飽きさせない演出も楽しかったです。

        

      最後は、お土産まで。秩父の紅茶とマシュマロが入っておりました!

       

      まさに「至福」の秩父ショートトリップ。また季節がかわったら訪れたいです。

       

       

      副院長


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.09.20 Wednesday
        • -
        • 18:07
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク


        Link

        うけがわ歯科ウェブサイト

        うけがわ歯科元郷ウェブサイト

        うのじ

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        PR

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM