スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.09.20 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ヒメウズラ〜ず

    0

      仕事が忙しくかまってあげられないため、犬や猫などのペットが飼えない我が家ですが、院長が先輩に勧められたとかで、ある日突然に、我が家にやってきたのがこちら。

       

       

      ふ卵器と卵。何の卵かと申しますと、「ヒメウズラ」です。

      この卵、ネット通販で送られてきました。何でもネットで買えるご時世。

      有精卵です。ひとつ100円也。

      「ウズラ大学」というお店で買えるらしい。こちらはウズラ飼育に関する様々なグッズが揃います。

       

      さて、ヒメウズラとは、ウズラよりも二回りほど小さい小鳥で、成長してもニワトリのひよこくらいのサイズ。

      南国の鳥なので寒さに弱いが、大きな声で鳴くこともあまりなく、飼いやすい鳥とのこと。

       

      有精卵を暖め始めて17日で孵化します。

      7つ暖めましたが、ふ化したのは3羽。そのうち1羽は、残念ながら短命でした。

       

      昨年の9月初めにふ化した当初の写真。

        

      とにかく小さい!!

      生きてるのが不思議なくらい小さいのです。

      下の写真、エサがはいっているのはペットボトルのふたなんですが、ほとんど同じ大きさ。

      愛らしすぎて、何時間でも見ていられます。



       

       

      生まれて1か月半のころ。

      ずいぶん大きくなり、羽が生え変わり始めています。

      ちなみに、ヒメウズラは、ニワトリと違って、飛びます。ってか、飛べます。

      しかし、着地が下手なので、降りたいところに着地するというよりは、落下している感じに近い。


       
       

       

      そして。

      ふ化してたった2ヶ月で、卵を産みました!!

      なんと早熟なの!!

      2羽のヒメウズラで2個の卵、ってことは、両方ともメスだったことがここで判明。

       


       

       

      生まれて3か月目。

      美鳥です。

      こちらが、からしちゃん。人懐っこくておっとりさん。

       

       

       

      こちらは、ゆずちゃん。賢くて小悪魔的。




      ヒメウズラはほとんど毎日卵を産むのですが、朝ではなくお昼の2時くらいに産んでいるようです。

      今まで産みっぱなしでほったらかされていた卵たち。

      毎夜に小屋の掃除をするときに一緒に捨てていたのですが、ある日当然、ゆずちゃんが抱卵行動に!

      今年の6月ごろの話です。

      突然、母性に目覚めちゃったのか、ゆずちゃんよ。

      体をふくらませて、卵を暖めています。

      とりあえず、からしちゃんの産んだ卵も一緒に暖めているご様子。

      カメラに警戒する目つきまでして、なかなかの母性発揮。

       

      しかし、残念ながら、というか当然ですが、2羽ともメスなので、卵は無精卵。

      いくら暖めてもふ化することはありえません。

      ゆずちゃんの抱卵行動は約1か月弱続きましたが、一向にふ化しない卵に何か悟るものがあったのか、ある日、憑き物が落ちたかのように抱卵することをやめてしまいました。その後、2羽で小屋内を駆け回る日々が復活。

       

       

      そして、1歳のお誕生日を迎えた2羽。

      だいぶ懐いて、愛らしい。

       

       

       

      ヒメウズラを飼うのは、それほど大変なことではありません。

      我が家では、小屋は、ホームセンターで買ってきた一番大きな透明の衣装ケース、底にペットシートをひいて毎晩取り替えるといつも清潔です。

      エサは「ウズラ大学」で購入したウズラの飼料、ひえやあわなどの雑穀をミックスしたもの、あとレタスが大好きなので、コンビニのカットレタスを毎朝さらに小さくちぎって与えています。レタスは手から直接食べてくれるのですが、その様はキュン死しそうなかわいらしさです。

      あとは清潔なお水。お水はある程度成長したら、床に置くのではなく、すこし高めの台の上に置いた方がいいでしょう。彼女たちは所かまわずおトイレをするので、水が汚染されるのを防ぐためです。

      そして、彼女たちが大好きなのが、砂浴び。

      焼き砂も、「ウズラ大学」で買えます。

      うちは、Lサイズのタッパーに砂とボレー粉を適量入れ、いつでも砂浴びができるようにしています。また大概、砂の上で卵も産んでいるようです。砂は、3日に1度は交換して、清潔な状態を保つようにします。

      最後に、寒さに弱い鳥なので、寒くなったらひよこ電球はマストです。サーモスタットをつけて、25℃以下にならないようにしてあげれば大丈夫。

       

      家に帰ってヒメウズラ〜ずを眺めるのが、至福の時。

      癒されてみませんか?

       

       

      副院長
       


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.09.20 Wednesday
        • -
        • 22:22
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク


        Link

        うけがわ歯科ウェブサイト

        うけがわ歯科元郷ウェブサイト

        うのじ

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        PR

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM