0

    今年も恒例のお花見に、スタッフみんなで行ってきました。

    隣の川口駅西口公園の桜は、本当に見事です。

    うららかな陽ざしと散り際の桜の美しさに、日本人であることの喜びを感じます。 

     

     

    この春は、一人娘も高校を卒業し、6年間通った学び舎を後にして、私たちと同じ道を進んでいくことになりました。高3夏休みの宿題の大学の志望理由書に「母に憧れて」という一文を目にしたときは、本当に涙が出てしまうほど嬉しく、また今までの苦労が報われたような思いがしましたが、同時に合格を目指して休みなく勉強している娘の背中を見て、私自身も、あんなに娘が焦がれている仕事に自分が就けているという事の重さ、歯科医師の仕事とは何たるものか、と改めて考えさせられました。娘がセンター試験を受けている同じ時、診療室で治療をしながら、本当に単純に、自分が歯科医師として仕事ができていることに感謝と身の引き締まる思いがしました。

    無事に志望校に入学し、今は「期待しかない!」、といった状態の娘ではありますが、大学での勉強は厳しいですし、何より病気を診るのではなく心を診れる歯科医師になるには人生鍛錬も必要でしょう。そして親である私たちも、娘に恥ずかしくないよう、これからも学びを休んではなりません。

    先日、商工会議所が行った順天堂病院院長の天野先生の講演を拝聴させていただきましたが、老外科医は何をすべきか、というお話をしておられました。外科医は症例をたくさん経験しなければ名医になれないのはもちろんですが、誰しも年を取り、メスが握れなくなる日が来る。その時にできることは、自分の多くの経験を若い外科医に教授し育てること。老外科医の使命は、後継者を育てることなのだと話しておられたことに、とても感動いたしました。

    「育児」は「育自」といいますが、かつて幼かった娘に教えられたことは多く、また高校3年生になった娘にもまた新たに教えられたことは多かった。そして、次は歯科医師の先輩として、また働く女性として、娘に何か与えることができればいいなと思っている今日この頃です。

     

    今年もお花見弁当は、人形町今半で。お肉たっぷり弁当です。


     

     

     

    副院長

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.07.27 Friday
      • -
      • 12:54
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク


      Link

      うけがわ歯科ウェブサイト

      うのじ

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      PR

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM