スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.05.14 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    星空列車

    0

      「ハイレール1375」という列車をご存知でしょうか?

       

      日本で一番標高の高いところを走る小海線の特別観光列車です。

       

      「ハイレール1375」は、土日祝日に、小諸駅と小淵沢駅間を1.5往復しているのですが、我々は、小淵沢駅18:12発の「星空号」に乗車すべく、新宿から特急あずさで初秋の信州へ向かいました。

       

       

      午前11時に新宿駅発の特急あずさ、山梨県の小淵沢駅につくのは2時間後の13時なので、車内で腹ごしらえを。

       

      新宿駅にて、小淵沢の有名弁当店「丸政」さんの信州牛弁当を。小淵沢に行くので小淵沢のお弁当を買ったのではなく、私は以前から、この信州牛弁当の大ファンなのです。間違いない味なのです。新宿駅では、いつもこれを買っているのです。

       


        

       

       

      小淵沢駅について、小さなレンタカーを借りて、星空列車までの5時間、付近を観光しました。

       

      まずは、サントリーの白州工場へ。

      こちらは事前予約必要な施設です。

      今や、ハイボール人気のせいで、バーに行っても山崎も白州も品切れ状態が続いていますよね。(先日ハワイに行った友達が言っていたのですが、ハワイでは、今、山崎のハイボールは一杯90ドル!!一杯約1万円って!!どんだけ〜〜)

        

      工場見学も大盛況の様子でしたが、売店には山崎どころか、白州もありませんでした。

      工場に行っても売ってないのね。

      かわりに知多ウィスキーはたくさん売られておりましたが。

      また、試飲バーもありますが、運転手の院長は入室さえ禁止。

      25年物の白州が2900円で飲めるようでしたが(普通の白州なら100円!)、私一人で楽しむのも悪いので、今回はノンアルコールで我慢。  

      珍しい、ビックルのソーダバージョンです。限定モノみたいでしたよ。

       

       

      サントリー白州工場の後は、憧れの清里へ。

      清里といえば、30年くらい前になりますか、私がまだ女子大生といわれた頃、とても賑やかだった避暑地。

      徳島の女子大生だった私には縁遠い場所でしたが、今回、ずっと行きたかった清泉寮に行くことが出来ました。

        

       

      高原の中に、趣のある建物。アンデレクロスが印象的です。

      そして、忘れてならない、「清泉寮のソフトクリーム」!!

        

       

      特製ハンバーガーも美味しかった。目の前の美しい山並みもご馳走です。

       

      清泉寮でのんびりした後、帰り道に「三分一湧水」という景勝地があったので寄ってみました。

        

      武田信玄公が、貴重な湧水を三つの村がけんかしないように仲良く分けたそうな。

      真ん中の三角の石がミソなんでしょうな。

      とっても冷たくて綺麗なお水でした。


      さらに、寄り道。

      星野リゾートのリゾナーレ八ヶ岳も、小淵沢駅の近くにあります。
      信州で有名な「丸山珈琲」にて。

       

      レンタカーを返して、さあ、お待ちかねの「星空列車」へ!

      と、その前に。信州に来たのに蕎麦を食べないのもアレだな、ってことになり、小淵沢駅構内の立ち食い蕎麦を、院長とシェア。

        

      なんと、昼間に食べた信州牛弁当の丸政さんがやってるお店だった!!

       

      そして夕暮れの小淵沢駅に、「ハイレール1375星空号」が入ってきました。

        

        

       

      星空号は、日本で一番標高の高い駅「野辺山駅」にて、プロの先生の解説付きで1時間あまりの星空観察がついているのです。

      野辺山付近は、標高が高く空気も綺麗なので、星の観測に適している土地なのだそう。

      45メートル電波望遠鏡を擁する国立天文台も、野辺山にあります。  

       

       

      しかし残念ながら、この日は曇りで星が見えず。

      そんなときは、歩いてすぐの町立体育館でビデオを見せてくれます。

      夏の星座について。天の川の真ん中にはブラックホールがあるそうな。織姫と彦星、ちゃんと会えているのでしょうか。


      さて、星空列車の車内はこんな感じ。

       

       

      ペアシートはもちろんお一人様席も充実。

      そして、車内には小さいけれど、プラネタリウムがあり、天文学の先生が説明してくれます。

       

        

       

      プラネタリウムは、順番に乗客全員が見ることができます。

       

      さて、お楽しみの駅弁!予約しておいた、ハイレール1375特製弁当!!

        

      こちらのお弁当も丸政さん謹製でした。てまり寿司お弁当。

      丸政さん謹製、この日、これで3食目。

       

      「ハイレール1375」は9月でデビュー1周年らしく、記念グッズを頂きました!!
      可愛い!!


       

      星空列車はのんびり山を駆け抜けて、長野県の小諸駅まで、約3時間の道のりです。

      我々は、手前の佐久平駅で降りて、北陸新幹線に乗り換えて、川口に帰ってきました。

       

      新幹線の車内で、ダメ押しの駅弁!!

        

      食欲、どんだけ!?、って感じですが、本日、丸政さん4食目の鶏めし弁当。こっそり小淵沢駅の売店で買っておいたのです。

      もちろん、完食。

      今日のワタシの胃袋は、丸政さんで満たされたわ。

       

      川口駅を朝10時に出て、信州を横断して、夜11時にはまた川口駅に帰って来れました。

      なんせ週休1日の私たち夫婦、休みは有効に使う主義です。

      日帰り旅のプロになりつつあります。

       

       

      副院長


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.05.14 Tuesday
        • -
        • 16:19
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク


        Link

        うけがわ歯科ウェブサイト

        うのじ

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        PR

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM