スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.05.14 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    越乃シュクラ  〜新潟・観光列車で日本酒三昧

    0

      朝起きて、窓の外を見ると、そこは雪国だった!


       

      越後湯沢での出来事。暖冬の今年、越後湯沢でも初雪だったという寒い朝。前日から冷たい雨が降っていたのですが、ホテルで泊まって翌朝窓の外を見ると、山は美しく雪化粧。嬉しいサプライズです。

       

       

      何のために前日から越後湯沢に来たかというと、JRの観光列車「越乃シュクラ」に乗車せんがため。この「越乃シュクラ」、車内で新潟のお酒をたっぷりと楽しめる観光列車なのです。

      「シュクラ」は、いくつか路線はあるのですが、日程の都合上、我々が乗ったのは、十日町駅から上越妙高駅まで走る「越乃シュクラ」です。他に、越後湯沢〜上越妙高や、新潟〜上越妙高、などの路線もあります。それぞれ運行日が決まっているので、都合が合えばラッキーですね。

       

      さて、実は越後湯沢駅で降りたのは初めてでしたが、なかなかに観光に特化した駅で、ちょっとしたアミューズメントパークのようになっております。地のもののお土産も買えるのはもちろん、新潟のお酒や名物が飲み食いできるお店がたくさん。待ち時間も飽きない。

      我々夫婦は、駅構内の回転ずし屋さんでブランチ。

      新潟の村上牛の握りや、日本海の甘えび、あと涙巻きという、その名の通り食べると涙が出るほどワサビのきいた巻物などをつまみながら、列車を待ちます。

          

      そして、ほくほく線に乗り、十日町駅へ。かわいい列車です。

      雪国の列車らしく、入り口がボタン式でした。真冬にずっと入り口オープンのままじゃ、車内は即冷凍庫でしょうしね。

       

      シュクラの出発までには少し時間があったので、十日町の街へ出て、名物のへぎそばをいただきました。
      「越後十日町 小嶋屋」さんにて。

      へぎそばは、つなぎにふのりが練りこまれているので、お蕎麦なのにつるつるでとってものど越しがいい!

      院長はうどん県出身なので、へぎうどんをオーダー。こちらも海藻が練りこまれた、つるつるで、とってもきれいなヒスイ色のおうどんでした。

      お蕎麦を食べてもまだ時間があったので、商店街の同じ並びにある、「オガワヤ本店」という雰囲気の良いカフェレストランでお茶をしてみました。銅板で焼かれたホットケーキがほっこりする美味しさ。蕎麦→ホットケーキ、十日町では鉄板ですね。ちなみに、「オガワヤ本店」さんのお料理メニューも美味しそうでした。ラーメンから洋食まで、なかなかのラインナップでしたよ。


        

      お腹も満足した15時頃、十日町駅から「越乃シュクラ」出発進行です。


       

      車内はこんな感じ。

      3両編成のうち、2両目はバーになっています。ここで飲むもよし、座席までもっていって飲むもよし。

       

      私たちが乗った1両目は、海側に座席が向いている、観光列車仕様。

      景色はいいのですが、座席がリクライニングできないのが、ちょっとマイナス。

       

      あんなに食べたのに、車内では、豪勢なおつまみとお酒が運ばれてきます。

       

      十日町駅から上越妙高駅まで、約4時間弱の旅。

      車内では、乗客が飽きないように、2両目のバーで、音楽会や日本酒試飲会が開かれ、とても楽しい。

       

      外はうっすら雪景色。

       

      そして、この「越乃シュクラ」で楽しみにしていたのが、この、日本一海に近い駅「青海川駅」。

      ですが、もう日も暮れており、まったく日本海が見えず。


       

      こんな感じ。うっすら白波が立っているのだけ、なんとなくわかる。


       

      ちなみに、晴れてるとこんな感じらしい。

       

      「青海川駅」の画像検索結果

       

      この景色が見たい方は、朝に上越妙高駅を出発するシュクラに乗るとよいでしょう。

      後半は景色が楽しめず、ただの酔っぱらい(院長はシラフ)の列車旅でしたが、新潟を旅したこともなかったので、楽しい一日を過ごせました。

       

      さて、上越妙高駅からは、新幹線で帰ります。

      待ち時間を利用して、またまた駅の構内のレストランで食べる私たち。

       

      新潟名物、タレかつ丼と・・・
         

       

      「幻魚」という珍しいお魚を炙ったもの。口を開けた顎がいかつくて、恐竜みたいなお魚。


       

      上越妙高駅から大宮駅までは、北陸新幹線であっという間。

      さて、また新しい列車旅を企画せねば。

       

       

      副院長

       

       

       

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.05.14 Tuesday
        • -
        • 11:33
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク


        Link

        うけがわ歯科ウェブサイト

        うのじ

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        PR

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM